f:id:popcornroom:20161021212847p:plain

ここ最近、ニックヤングが絶賛Swaggy中です。絶好調。

昨季はバイロン・スコット前HCと馬が合わずに出番が少なく、さらに不倫スキャンダルも加わって、バスケット選手として災難な年になりました。正直、選手としてのキャリアすら終わっちゃうのかと思ってた。

オフシーズン期間にヤングの記事を書いたときは、レイカーズとしてのヤングはもうみれないんだろうな…、と思ってたし。

しかし、現在はレイカーズの中心選手としてしっかり活躍中です。気持ちをリセットして、これまで通りの明るいムードメーカーとしてチームに帰ってきました。

 

プレシーズンでの3P50%越え

今季のプレシーズンでは、ほぼ毎試合で活躍中。

現時点でヤングが出場した各試合のスタッツをまとめておきます。個人ハイライトが見つかったものは、動画付きで。

10月8日・ナゲッツ戦:約9分出場

6得点,FG 2/4(50%),3P 2/3(66.7%)

10日・ナゲッツ戦:約31分出場

14得点,FG 5/8(62.5%),3P 2/5(40%),4リバウンド,2スティール


Nick Young - 14pts. 2016.10.10 nba preseason game DENVER NUGGETS VS. LOS ANGELES LAKERS

10月12日・ブレイザーズ戦:約23分出場

14得点,FG 5/12(41.7%),3P 4/7(57.1%),3リバウンド,1スティール 


Nick Young PS Full Highlights vs Trail Blazers (10-11-16) 14 Pts

14日・キングス戦:約12分出場

9得点,FG 3/5(60%),3P 3/4(75%)

16日・ウォリアーズ戦:約17分出場

17得点,FG6/9(66.7%),3P3/6(50%),1スティール

20日・ウォリアーズ戦:約30分出場

19得点,FG 7/13(53.8%),3P 5/10(50%),2スティール


Nick Young 19 Pts Highlights | Warriors vs Lakers | October 19, 2016 | 2016-17 NBA Preseason

 

6戦平均:13.2得点,FG54.9%,3P54.3%

平均で3P5割越えってのは凄いですよね~。試投数が少ないわけでもないのに。平均7.3得点,FG33.9%,3P32.5のスタッツだった昨季は、まさに悪夢だったわ。

僕らのヤングが帰ってきました。