f:id:manchester-98-99-rs:20160328223218j:plain

米CBSで先月、シーズン1が終了したDCコミックスの女性ヒーロー

”SUPER GIRL”のシーズン更新がなかなか決まらずファンをヤキモキさせている。

 

米The WarpによればCBSはシーズンの継続を望んでいるらしいのですが

ライセンス料が新作にしては破格に高く、1話につき約300万ドルの製作費が

かかっているとのこと。

 

盛大なプロモーションを行った昨年10月のプレミア回は視聴者数が1300万人を

記録したが、シーズン1終了のころにはおよそ半数にまで落ち込んだ。

これにより視聴成績とコストが見合わないため、CBSは制作のワーナー・スタジオと

交渉の真っ最中だという。

 

CBSは放送局の変更も検討中とも報じられている。

現在、”フラッシュ”、”アロー”などDCコミックスのヒーロードラマが放送されていて

若者の視聴が多い米CWに番組を移す可能性もあるとのこと。

 

しかしCWに放送局を移すとなると、製作費の大幅な削減は避けられないと言われています、ワーナーは今までロスで撮影を行っていた同作をカナダ・バンクーバーに

移すということも検討されているとのことです。

 

新シーズンの更新の否かは来週に発表されますが、最悪打ち切りという事だけは

避けたいところです。

 

ソース:海外ドラマNAVI